私の難病克服体験

「免疫力は『温』め方『食』べ方『住』まい方」
株式会社オーケン Lilla Huset店長
健幸マイスターの大刀あゆ未です(*‘∀‘)

おおっ!「糖鎖」のことが載ってる!

平沼載彦氏のFBより抜粋
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【難病】
筋ジストロフィーは、「糖鎖の異常が原因である」と、
東京都老人総合研究所が発表しています。
この娘さんのお父様は、糖鎖の重要性を認識され
治療に取り入れられ奇跡を起こされたのです。
以下、掲載された記事の抜粋です。

>娘の筋力が衰え始め、筋ジストロフィーと診断されて思った事は、
>5歳までは普通でした。先生からは「治らない」とはっきり言われました。
>さらに「年々状態は悪化する」と言われたのです。

>5歳まで普通だったって事は元に戻せる方法があるんじゃないのか?と
>いろいろ情報を集め出しました。

>過去に娘を不健康にさせる要因があって、
>それが原因で発病したんならそれを改めれば元に戻るんじゃないのか・・・
>そんな思いでネットを検索していた頃に「糖鎖」を知りました。

>娘の病気を治したい一心でいろんな本を読みました。
>・糖鎖に関する本
>・免疫に関する本
>・ビタミンに関する本
>・漢方薬(中医)に関する本
>読んで気が付いたのは全てが正しくて必要だけど、
>1つでは何にもならないという事です。

>免疫力低下に腸の汚れが原因だという本、
>腸を綺麗にしないと免疫力が上がらない事は理解できました。
>でもそれだけでは難病は治りません
>ビタミンを摂ると免疫力が上がる。
>確かにビタミンは必要だと分かった。
>でも、それだけではダメな事も分かった。

難病を治す上で糖鎖が正常に働く事は必要不可欠
>でもその後に異常をやっつける免疫力が弱いと意味がないのです。

>その為に腸を綺麗にし免疫力を維持する体内環境も必要、
>でも腸が綺麗でも肝心なビタミンが身体に入ってこないと、
>免疫力は上がらないのです。
>難病に勝つには全ての総合力が必要で、
>1つ欠けると意味が無くなり負けてしまうのです。
                 ※以下割愛
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ホントに、ホントにそう思います。
実際、私が持病の全身性エリテマトーデスという難病を克服した体験から、
そう言えるのです!
だから私は「免疫力は温食住」っていう『多角的(総合的)免疫強化法』を、
お伝えしてるのです。

ちょっと不思議なエピソードにお付き合いしてもらっていいですか?

私は全身性エリテマトーデス(SLE)を、
病院での治療は一切断って、
阿保徹先生の本をたくさん読んで「陶板浴」に毎日入って、
随分と改善しまして、
大好きな海外旅行に行けるようになり、
そのとき行ったのが聖地シャスタでした。

その”宇宙の神々が集う聖地”とも言われるシャスタで、
私はそこで一冊の本に出会い、「糖鎖」のことを知りました。

すると、「ヘッドウォーター」というパワースポットに出かけたとき、
気付いたら、私のSLE対策必須アイテムの、
紫外線99%カット高級サングラスを無くしてまして、
探しても探してもないので、
旅行で少々スピ女子気分だった私は

「きっと神様が『こんなもの持たなくても良くなるよ』って言ってるんだわ」

な~んて解釈して、帰国の途に就きました。

すると帰国した翌週、
山田豊文先生の講演会で直々に薦められて、
急転直下で山田式ミネラルファスティングをすることになりました。

2度の3日間ファスティングを経験後、
シャスタからのご縁で繋がった
「糖鎖」を整え総合的に免疫力をサポートする製品で、
世界中に特許を持つマナテック社のものをしっかり摂りはじめました。

そして、現在ご覧の通りの私に至ります(^^)v

たまたまですけど、順番が素晴らしく良かったと思います。
効いてく仕組みに(図らずも)合致してたことが、
後から勉強するにつれて分かってきました。
温かい体を作り、解毒と腸内改善をし、優れた栄養素で細胞が再生する、
って流れです。

SLE発覚当初は、
日中は外に5分と立っていられない、
移動は15分以内じゃないと体力が持たない、
眠る時も”よいしょ”と意識を置かないととまぶたが閉じれない倦怠感、
もう、仕事にならないどころか、生活になりませんでしたがね。

それが今や、普通の人の倍はタフです。