当たり前の真ん中の端っこ

「免疫力は『温』め方『食』べ方『住』まい方」
株式会社オーケン Lilla Huset店長
健幸マイスターの大刀あゆ未です(*‘∀‘)

今春、東京から福井に移住してきた姑は緑内障で、
陶板浴にこまめに通ってもらい、
ミネラルファスティングからの
半日ファスティングを継続してもらうやら、
私セレクトのサプリメントを飲んでもらって、
安易にクスリに頼らないことを実践してもらう、
健幸生活を指南しております。

先日軽く風邪気味になったのも、
「しっかり寝て治したよ」とドヤ顔だった姑。
私からすると
”当たり前~ぇ♪”です。

そんな71才の姑が昨夜、

「気が付いたらね、かかとのガサガサが
すっかりなくなって、ツルツルなの。
こんなの今年初めてよ。
今までずっと、割れた鏡餅みたいやったんよ。
陶板浴のおかげかね?!」

と言うので、
「いろいろのおかげですよ」
と微笑みながら聞きつつ、心の中は
”当たり前~ぇ♪”

だって、身体を芯から温めるから
体内酵素が活き活き働くでしょう?
血流良くなった上に、上質の栄養摂り入れてるから、
脚の先の細胞まで栄養が行き渡るでしょう?
全身のお肌が艶々してくるの、♪当たり前~ぇ♪ですよ。

それより、嫁の私は、姑の緑内障の治癒を睨んでるざーます。
( ̄д ̄)y。。。