冷え性と生理痛

半年ほど前でしょうか、Sさんが陶板浴に初めてお越しになったのは。

30代のSさんは極度の冷え性と生理痛にお悩みでした。

生理痛がひどい人は、大抵冷え性です。

Sさんは10代のころから生理痛がひどく、

1日目、2日目、3日目と、必ず3日間は鎮痛剤を飲み続けてきたとのこと。

生理期間中はもちろんのこと、生理前にも月経前症候群(PMS)の症状に苦しみ、

場合によっては生理後も症状を引きずることがあって、

「会社は必ず休むし、元気なときが1ヶ月に1~2週間ほどしかない」

とおっしゃっていたことを覚えています。

 

とにもかくにも、生理痛は温めることが大事だな、と自らの経験から思っています。

私も子供のころから生理痛が重かったのですが、

専業主婦中に、毎日エクササイズに興じていましたら、

すっかり生理痛がなくなってしまったんです。

その後仕事を始めて、週に2~3日のエクササイズになったら、

生理痛が戻ってきました。

Sさんも同じことをおっしゃってました。

「確かに、中学のときはバトミントン部で毎日激しい運動をしていたときは

生理痛がなかったけど、高校では普通の体育のときくらいしか体を

動かさなくなったら、ひどくなっていった」と。

 

ですから、毎日毎日意識して温めていないといけないと思うんです。

 

初回はお友達とお越しになったSさんでしたが、

「じゃぁ、しばらく続けてみます」とおっしゃって、

次の日から一人でいらっしゃいました。

週に3~4回ほど、仕事帰りの陶板浴を真面目に続けられてきました。

 

時折、「どうですか?」と様子を伺うと、

「まだ辛いですが、会社を休むほどではなくなりました!」

「前回はかなり楽でした」

「今回は辛いんですけど、薬はもう全然飲んでませんから、我慢できるってことが奇跡です」

と、良くなったり悪くなったりですが、全体的に徐々に良くなっているようでした。

私の経験から、陶板浴だけでなく、普段から腹巻もして温めることをお勧めしました。

私はこの2つで、生理痛がなくなりました。

年に1~2回、夏場に油断してると生理痛がドンヨリくる程度でしょうか。

 

つい先日、Sさんの顔の血色が、すごく良かったのでお声かけさせてもらったら、

随分と調子がよく感じられる日々だとのこと。

以前は、陶板浴から帰るときも青白い皮膚の色でしたが、

最近は温浴前からうっすらピンクがかった、はつらつとした印象になられました。

 

Sさんの凄いところは、

ちょっと良くなったからって油断せず、悪くなったからって諦めずに、

ちゃんと続けていらっしゃるところです。『継続は力なり』です。