「歩ける、歩けるようになった」

オーケンの免疫陶板浴きずなでは
色々な方に体験談をお願いしています。

今回は越前市在住のTさんからの体験談をご紹介します。

Tさんは81歳のおばあちゃんですが、
昨年の9月ごろから2本杖を使って
身内の方に支えてもらってながら通われにかかりました。

最初は週1回でしたが、今年に入り週3回来られて
見る見る元気になられてきました。
2本杖をしっかりと突いてヨロヨロした足取りだったのが、
飾り的に2本杖を使うようになり、
今日などは杖1本を手に持って歩いておられました。

その方の体験談(写真)とその内容です。

———————

テーマ:歩ける、歩けるようになった。

「今日はうまく脚が上がっていたよ。」

「軽いね。上手に歩けてよかった、よかった。」

「腰が伸びてきたので格好よくなったァ」

「表情が明るく、若くなったよ。」

リハビリ室の入口で迎えてくださる先生方の笑顔と
はげましの言葉で朝の一日が始まる今日この頃です。

こうした声は通所の中だけでなく、
顔見知りの方や通りすがりの方々からもいただくことができ、
顔が自然にほころび、笑顔の絶えない毎日です。

幸せ一杯のこの喜びはオーケンの免疫陶板浴にご縁をいただき、
週3回通い始めて1ヶ月余りしてからのことです。
少しずつ少しずつ体のどこかが好転し、
気付かぬうちに歩く姿がかわってきたのです。
まわりの方々の言葉によって自分も自覚できる現在です。

以前の私は立ったり座ったりが苦痛で人手をかりていました。
脚を一歩前に出すことのむずかしさ、
膝・腰の痛みもひどく、ベッドの上の生活が多くなりました。

気づかぬうちに筋力が衰え、
車椅子を使うようになりました。
あせる心はあれども動かれない自分に、「
いい所があるで行ってみようか。」との誘いを受け、
体験させてもらったのが今日の喜びにつながっています。

今は二本杖で歩いていますが、
一本杖から杖の要らないまでになりたい思いで頑張っています。